fiend 第二章 後半

「んーそうだなぁ…もっと細かいとこまで考えたいよねぇ…あ、ねえねえなんか加えたい**とかある?」

彼女は今日も鉛筆を走らせる


第二章 後半
「冬服ほしい」
水流静鬼本日の第一声である。 
「は?冬服?きてるじゃん?」
冬服の制服の袖口をひらひらさせて姫鬼がいう。
「そうじゃなくてっ!戦闘服だよ戦闘服ぅー!」
「…ああ、戦闘服ね。じゃあ上になんかきれば?」
「やだよ。かわいくないもん。てか、姫鬼ちゃんの服絶対私より寒いでしょ。」
「私炎の人だから。」
「うわぁぁっぁあずっるぅー!私も火つかえる人がよかったぁー!」
「いいじゃん水。きれいだし。」
はたからすれば「なにいってんだこいつら」という会話である。
静鬼の戦闘服は膝上・半袖の濃いめの灰色のワンピース。
比べて姫鬼はミニスカートにブラ的なあれ、薄手の上着でお腹・足・両腕など露出が非常に高い。

貧乳だが。

「とりあえずほしいの!!!!!!!!!」



その日の戦闘服はなぜかあたたかい冬服であった。

「ほわぁぁっぁあ変わってる!変わってるよ姫鬼ちゃん!」
「…なんで変わったんだ…」
「いいじゃんいいじゃん!とにかく変わったんだからっ」
静鬼が冬服のあたたかさに興奮していると後ろから声が聞こえて来た。
「よっすよっすー!今日もさみーなー」
瑠鬼の服はどうやら通常運転のようだ。
「っておまえらあったかそーずりぃずりぃよ!!!!!!!!!」
「ふふふー今日冬服ほしいなーっていってたらこれになったのー」
「なにその不思議設定!?」
静鬼と瑠鬼…笑いながら緊張感なんてまるでない会話をする。

「ずーいぶん楽しそうね。あったかくてかわいらしいお洋服がそんなに嬉しい?」
10mほどはなれた電柱によりかかって笑う少女がいた。
笑うというより嗤う
彼女は笑いながら嗤いながら怒っていた。

「漫画だったら楽しくて笑っちゃうお話。小説だったらやけに会話文の多い方向性の間違った文章?どこのきゃっきゃうふふなラノベかしら。わらえちゃーう」
嗤いながら顔色一つ変えずに一息でいいきる空華がいた。
でも確実に彼女は怒っていた。
なぜか

遊んでいたから
ふざけていたから
笑っていたから
わくわくしていたから
無邪気だったから
うるさかったから
煩かったから
五月蠅かったから
そうぞうしかったから
騒々しかったから
耳障りだったから

彼女達が◯しかったから

「まあいいんだけど。それも今日で終わりじゃない?邪魔が入ることばっかでなかなか仕留められなかったけど。」


今日こそは…と消え入りそうな声で呟いた。

「あははっ空華ちゃんのそういうとこほんと大好きっ」


「ぞくぞくしちゃう」
そして今日も彼女たちは剣を振るい引き金を弾き風をおこし雷をおとす。

なんでだろう…
なんでこんなやつ一人殺せないんだろう…

空華は決して弱くなどなかった
むしろ強い、チートといっても過言ではない。
それなのに、彼女らを殺すまでには至らない。
なぜか

自身がどれだけ考えても気付けなかった。

勿論、気付けるはずがなかった


冬の日

雪が降ってきた

それはとても綺麗で儚い雪だった

そして

彼女達の1年は幕を閉じた


パタリ…と静かに音を立ててノートをとじた


第二章 後半 終

fiend 第二章 前半

「一人…か。ひょーしぬけだなぁ。つまんねーのー。」
黄色い髪が風になびいた。

第二章 前半

「…か。…いさ…。らい…か。」
遠くから声が聞こえる。
「ら・い・さ・か・くん!?」
その瞬間彼の頭に激痛が走った。
「いったぁっぁあぁぁぁあ!?」
彼…雷坂瑠鬼が顔をあげると笑顔と教科書をもった数学の斎藤がいた。
「私の授業がつまらないのなら荷物をまとめて帰っていいぞ雷坂。」
「え、まじですか。それじゃさようなr「嘘に決まってんだろ。」
「うう…すいませんっしたぁ…」
気のない謝罪をしてからもちかけたバッグを手すりに戻す。
叱られたあとに彼が考えるのは、数学の教科書なのになぜここまでの激痛を自身に与えることができたのだろうかという至極どうでもいいことであった。

そして彼もまた思う。

(ああ…戦いてぇ。)

「きいてよきいてよ姫鬼ちゃんっ!」
授業終わりにハイテンションな静鬼がはなしかけてくる。
「…なに。テンションたかいね。」
「昨日の帰りにねっ黄色い髪のかわいい男の子みつけたのー!」
「…仮にも男にかわいいってかわいそうだぞ。…ふむ…でも、黄色ってことは私達みたく先生になんか言われてそうだな、かわいそ」
真っ赤な髪をもつ姫鬼は染めてる染めてないで先生と話し合い…とはいっても口喧嘩みたいなものをしたという過去がある。
それは水色の髪をもつ静鬼も決して例外ではなかった。
「あの時は先生しつこかったから怒っちゃうとこだったー」
にこやかに殺気を放つ静鬼を腐ったものでも見るような目で直視していた姫鬼であった。

「はぁはぁ…やっぱ、空華ちゃん…つよ…ははっ」
綺麗な高音が楽しそうに呟く。
「でも、それがいい」
剣を構え直す。

時は夜。
近くにあったご都合主義の廃屋で彼女たちは戦っていた。
それでも呼吸を乱しているのは姫鬼と静鬼のみだった。

「ほらほら、私を殺すんでしょう?やってみなさいよ。」
残虐な笑みを浮かべて空華はただただ攻撃をよけていた。

「おちょくん…ないでよっ」
地面を力の限り蹴って空華の元へ走る。
「ねっ!」
構えた剣を真下に振り下ろすも彼女の風は剣の軌道をずらしていく。
その間に姫鬼が後ろから弾丸を打ち込んでいく。
それの繰り返し…

そしてまた何十回目であろうか姫鬼が弾丸を撃ち込んだその時姫鬼の背後から人が飛んできた。
それに気付いた姫鬼は無論横によけた。

人は地面に3回転ほどしてダイナミックなこんにちわをした。

「ったた…いってぇ」

姫鬼と静鬼と空華がみつめる一点の中で人はやがて立ち上がり服のほこりをはらいながらそういった。

しばらくじっとみつめていると静鬼が唐突に
「あ」
「…ん、あ、えっとー…よお!俺雷坂瑠鬼。お前らなにしてんの?」
姫鬼が心の中できいてねぇしとつっこんだことは言うまでもない。
「こんばんはー私水流静鬼。君、昨日何もないところで躓いてたひとだよね!?」
「え、なんでしってんの?超能力?すげぇな…」
そんなマジトーンでいわないでくれと次いでツッコミ続ける。
無論心の中で。
「みてたのー。ところでえっと…雷坂瑠鬼くんのきは鬼ってかく?」
彼の格好、ボーダーが荒く印刷されたYシャツの上に黒のベスト。真っ黒な手袋に真っ黒な短パン、極めつけは手に握られたステッキだ。
全体が透明感があり、ほんのりと黄色で彩られている。
そして夜遅くにこんなところにいる彼は常人ではない。
そして自己紹介に“らいさかるき”ときたものだ。
静鬼は質問せずにはいられなかった。

「ああ、そうそう!すげぇなそんなことまでわかるのかぁ」
「やっぱりかぁーだと思ったのーあははっ」

どことなく噛み合ってるような合っていないような会話が廃屋に響く。
そんな中、小さな小さな音が遠くから聞こえてきた。
小さな音は徐々に大きくなってこちらへ向かってきた。
「…どこいったぁぁぁっぁああ」
黒い上着を着たアホ毛の生えた少年が真っ黒な鎌を構えながらこちらに走って「うるっせぇよ!!!!!!!!!!!!!!!!」姫鬼に蹴られた。

「あーあーもう…なにやってるのよ空夜」
それまで傍観を決め込んでいた空華が溜息をついた。
「何、こいつ知り合い?…つかアホ毛wwwww」
姫鬼は問いかけつつ爆笑する。
「双子の弟よ。…はぁ仕方ないわね。今日はもう帰るわ。次は殺せるといいわね。」
面倒になったのか空華は空夜を引っ張り起こそうとする

…が、空夜はある方向を向いたまま石のように固まっていた。
「…なにやってんの?いくわy「…キレイ。」
「は?」
空夜は同じ方向を同じ場所を同じ人物を-----水流静鬼をみながらそういった。

「こんにちわ!俺闇風空夜っていいます!いやぁ…とても綺麗ですね。お名前を伺ってもよろs「くどいてんじゃねぇぇぇえっぇぇっぇ!!!!!!!!!!!!!!!!」
今度は姫鬼に鳩尾を蹴られ空華に首を絞められた。

「誰?死ぬ?」
静鬼はにっこり笑ってそういった。


第二章 前半 終

閲覧ありがとうございます。
DSを無事蘇生させたちびみみでございます。
投稿ペースが安定していなくてすみません。
それではそれでは。

fiend 第一章 後半

「水流静鬼です。特技は剣道…かな?よろしくお願いします。」

にこやかに微笑む彼女に瞬時に心を掴まれた男子は少なくないであろう。

静鬼をちらちらみながらこっそり会話をしている男子をみて、あーガキっぽいと思ったのはいうまでもなく炎華姫鬼である。

それにしても戦うといっても敵はどこにいるのか、わくわくしている静鬼に対して姫鬼はそんなことを考えていた。

「闇風空華。よろしく。」

ーー思考が一瞬止まった。

よろしくなんていっておきながらそこには馴れ合うつもりがちっともない冷徹な声。

はっきりとして落ち着いた、かつ中学生とは思えない少し大人びた声。

真っ黒な髪。

整った綺麗な顔立ち。

特徴的なアホ毛

全身に鳥肌が立つ。

怖いとかそんなものではなく姫鬼は純粋に、彼女の強さにひかれたのだ。

それは同類の静鬼も例外ではなく、にやける顔を隠しきれずにいた。

こいつだ

直感で二人は察知した。

がやがやと騒がしい教室の中で、姫鬼と静鬼は隅で会話をする。

「静鬼も感じたか?」

「もっちろん!もうにやにやがとまんないよー」

確認をとりつつ冷静を装っていた姫鬼もわくわくが止まらなくなり始める。

「やっぱあいつなのかなぁ?」

「わかんないけどそうだとしたらアクション起こしてくれると思うよ!」

「まあそうか…。」

拳を握り締める。

ああ、戦いたい戦いたい戦いたい戦いたい戦いたい戦いたい戦いたい戦いたい戦いたい戦いたい戦いたい戦いたい戦いたい戦いたい戦いたい戦いたい戦いたい「姫鬼ちゃん。」

ハッと我に返る。

「あ、ごめん静鬼。ちょっと楽しみで…。」

「姫鬼ちゃんは戦いたくなるとわくわくとまんないもんねー」

「へへ…」

申し訳なさそうに姫鬼はそういった。

不愉快だわ。

不愉快不愉快不愉快。

みれば一目でわかる。

戦いたくてたまらない顔。

争うことが大好きな顔。

不愉快不愉快不愉快不愉快不愉快。

ゲームなんていってるこの世界が不愉快。

遊び感覚のあいつらが不愉快。

私は遊びにきたんじゃない。

殺すわ。

全員殺すわ。

一気に殺してやるわ。

そうしたらこの気分も晴れるかしら。

「んー教科書こんなにあるぅー。」

たっぷりもらった一年分の教科書。

「勉強がんばれよ静鬼。」

「戦いの方を頑張りたいです私。」

「わがままいうな。」

静鬼は頭はいいもののおっちょこちょい故にケアレスミスが多く、そのせいで一桁の点をとったこともあるので、ある意味バカの称号を得ている。

「ふぇぇーひどいっ姫鬼ちゃんひどいわっ静鬼泣いちゃうっ。」

「おーおー泣け泣け泣いちまえ。」

「うっわー姫鬼ちゃんひどい!もてないぞ☆」

「殴んぞ静k「こんにちは。」

人通りの少ない道に入ったところで綺麗な声が聞こえてきた。

「闇風空華っていいます。同じクラスの水流さんと炎華さんですよね?よろしくお願いします。」

きた…二人の中で戦いの合図だった。

「覚えててくれたんだ?ありがとう空華ちゃん!私のことは静鬼でいいよ。」

元気な透き通った声でにっこりと挨拶をする後ろで自身の特殊能力を十分に発揮させている静鬼。

ゲームの参加者は苗字にまつわる力を手に入れる。

水流静鬼は水流なわけだからいってしまえば水を自在に操ることができる。

それをどう活かすかは参加者のセンスに任せられるのだが、静鬼の場合は水蒸気を集め一気に水に返還し剣の形状にしてから固体にする。

「炎華姫鬼。改めてよろしくな、闇風さん。」

「ええ、よろしく。」

白々しい演技。

仮面の下に潜む憎悪。

ぞくぞくする。

「ところでお二人さん。」

にこりと微笑んだ矢先に

「いきなりなんだけれど、」

仮面の下が

「死んでくれるかしら」

剥がれ落ちる

風が舞い上がる。

静鬼と姫鬼の足下から舞い上がる。

「…っ!風か、闇風だもんね」

その場から勢いをつけて空華の懐へと一気に攻め込む。

「いきなりでごめんね空華ちゃん。」

にっと口の端を持ち上げた。

同時に右半身にぴったりとくっつけていた剣を空華との0距離で真正面から振り上げる。

「気が早い。」

余裕の笑みを浮かべた空華。

左手にもつ閉じられた扇子で静鬼の剣を受け止めながら膝蹴りで鳩尾をねらう。

「わおっさっすがぁー空華ちゃんつっよーい。」

にこにこしながら剣を軸に身を翻し空華の左をとる。

剣を扇子から離し、その勢いを利用して空華の背中に剣を振る。

「あまい」

剣の軌道がズレる。

「!?」

上方に弾かれたように剣がそれた。

静鬼は少しの間呆気に取られたような顔をする。

「…へぇ、さすが。楽しいじゃん。」

しかし瞬時に気持ちが切り替わった。 楽しい。

「私を無視すんなよなぁー。」

発砲音と同時にちょっとだけ低い女の声が聞こえる。

姫鬼が空華の脳天めがけ発砲した。

「弾丸はきかないかな。」

相変わらず余裕の笑みを浮かべながら風を操り弾丸を叩き落とす。

「うん、知ってる。」

しかし気付けば姫鬼が空華の懐に入っている。

「じゃあこれは?」

鳩尾に膝蹴りをだす。

左斜め後方に下がる空華。

「続きましてっ!」

地面に手を付け体を宙に投げ出す姫鬼。

空中から的確にけれど素早く空華の顔面を狙って右足で蹴りを放つ。

「体柔らかいのね。」

それでも笑みを浮かべたまましゃがんでかわす。

地面に足がついた瞬間背後から回し蹴りをだす。

「けどまだまだ。」

回し蹴りを放つ姫鬼の足の下を自分の膝で打ち上げる。

「っと!それはちょっと痛いんじゃないの!?」

回し蹴りをする足を素早く真下に振り下ろす。

姫鬼と空華が格闘している間に息を整えて空華の背後からご自慢の剣を振り下ろす静鬼。

「ねぇねぇっあの先輩かっこいいよね!」

「あーあの入学式でなんか喋ってた人?かっこいいかなぁ?」

「かっこいいってー!」

三人の動きが止まる。

「…空華ちゃん強いねぇーびっくりしちゃった!」

「貴方たちもね。」

「とかなんとかいって最後まで余裕たっぷりだったよなお前。」

「ふふ…殺せなくて残念だわ。」

「それじゃ今日はここらへんにしとこうかー。」

「だなー。」

他人にこのゲームがばれるとどうなるか説明しよう。

このゲームを知った無関係の人間はこの世にいなかったことにされる。

そして無関係の人間にバラしてしまった参加者はゲームオーバーで死亡だ。

「じゃあねー。」

「…本当とんだ邪魔が入ったわね。」

「まあまあ姉ちゃんそう殺気だつなって!」

電信柱からひょいっと飛び降りてきたのは空華の双子の弟闇風空夜。

「…空夜。なんかうざい。」

「ひど!?いい情報もってきたのにぃー。」

「なによ?」

「俺のクラスにもいたんだ。」

「…なにが?」

「敵がもう一人。金髪でピンつけててヘラヘラしてるバカ。」

「ヘラヘラしてるからはあんたとおんなじね。」

「姉ちゃん…ひどいよ…。」

第一章  終了

あとがき

戦闘って表現難しいね

gdgdさーせん

文才なんてねぇよっとぅりゃっ

fiend 第一章 前編

それは例えば朝のあいさつが「おはよう」みたいに。

気付けば知っていて、それが普通で、いつ覚えたかなんて言えないくらいの常識。

この世界で行われているゲームを。

私は知っていた。

第一章  世界の仕組み

窓を開けると少し冷たい風が肌にあたって気持ちいい。

今日から始まる新しい日に胸が高鳴る。

隣の家の幼馴染を呼ぶべく携帯を開き、幼馴染に電話をかける。

「…あー、もしもし。」

しばらくたつと眠そうな声をしたちょっと低めの女声がきこえてきた。

「もしもし。静鬼だよっ。」

「うん、そりゃわかるよ。」

なんといえばいいのかわからないわくわくを伝えるべく「えっとー」とか「あのさー」とかいっていると、

「うん、要するに今日からゲーム始まるから楽しみだねとでもいいたいんだろ。」

簡単にいってくれたものだ。

「だってだって今日から本番なんだよ!?ゲームスタートだよ!?どっきどきだよね姫鬼ちゃん。」

私、水流静鬼とその幼馴染、炎華姫鬼は今日からとあるゲームに参加いたします。

それは私達にとっては楽しい楽しいゲームです。

彼女達はとあるゲームの参加者である。

それは世界をかけたゲーム。

世界を憎んだある人間と

戦うことが大好きなある人間が

どちらかを全滅させることで勝敗を決めるデスゲーム。

名前に「鬼」の字を宿すものは古来から戦うことが好きだったといわれている。

世界を守るために必要なのはどこかの少年漫画のような熱い正義感か?

否、世界を守るために必要なのは戦うことを楽しみ、かつ強さをもった人間である。

だから彼女達は選ばれた。

狡猾で残虐で最悪なほどに戦いが大好きな彼女達が。

「あー楽しみだなぁ…姫鬼ちゃんもそうでしょ?」

今すぐ鼻歌でも歌いそうな勢いのご機嫌な主人公は幼馴染に問いかける。

「まあな。楽しみじゃないわけねぇだろ。」

「じゃあ私ご飯食べてくるからあとでねー」

「おうよ」

ゲーム期間は参加者が中学生になってから20歳になるまでの間である。

その期間の中でできなければ次の参加者が選ばれるのであろう。

しかし彼女達は知らないのだ。

このゲームの主催者を。

一方

「…今日からね。」

「そうだな姉ちゃん。」

静かな家の中に響く話し声。

「こんな世界に」

「「終止符を」」

ープロローグー

憧れたことありませんか

世界を守る“ヒーロー”に

大勢の人々の憧れは現実に

三は戦うために

一は守るために

二は終わらせるために

少年少女は戦う

世界をかけて

fiend